2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

パーツ

フォト
無料ブログはココログ

« 6/7京都大原へ 新緑の実光院から寂光院 | トップページ | 6/7の晩ごはん+朝ごはん ほぼ通常営業 »

2013年6月 8日 (土)

6/8大きなおオモチャ2号機(秘密兵器2号)スズキRGVγで紀伊半島(半分)を走り倒す

20130608_028_2

※コンデジ fujifinepix  F80EXR

第一声は

「疲れた」

「足痛い」

「膝痛い」

そして、改めて

自分は高所恐怖症だったこと

タンクに腹が当たるメタボだったこと

さて、自分の場合

ツーリングには

目的は一つでよいこと

たまに2つの場合もあるが

基本は一つ

そして、目的地の地図は頭に叩き込む

マップは持たない

そんなツーリング

今日は

目的はひとつ

WINDさんの記事に載っていた

日本一の吊橋「谷瀬の吊橋」を目指す

20130608_001_2

片道100㌔程度

簡単な任務

往復でも200㌔

どうしてそれが、倍以上になったのかは

・地図を持たないこと

・無計画なこと

朝6時20分に社宅を出発

朝は気持ちがよい

メッシュで十分だ

グローブはこの前買ったやつ

なかなかいいんでないかい

吊橋の手前のR168の道の駅「吉野路大塔」には8時過ぎに到着

ここから、吊橋まではそんなに距離はない

あっさり、吊橋に着

さすが、日本一を誇る吊橋

長さ297.7㍍

高さ54㍍

20130608_022_3

見ているだけで

○○タマが縮み上がる

渡ってみた

行きは一人だった

下をみたら・・・

縮みあがった

20130608_002_2

そして、やっとの思いで反対側へ

ここから、また帰らねばならない

というところで

20130608_007_2

自分が渡るのを舞っていた人が

かなりの高齢と見受けしたが

この人

自分が渡ってきたつり橋を

無謀にもカブで渡ろうとしている

20130608_010_2

というまもなく

その爺さんはカブで渡っていた

ビックリしたけど

20130608_008_2

それよりも自分のことを心配せねば

ここから帰るのだ

まず、何人かが歩き始めた

20130608_009_2

そのあとを着いていった

これが失敗

20130608_016_2

揺れる!

共鳴するがごとく

揺れる!

「ひえ~○○タマが縮みあがる~」

途中、「この板は大丈夫か?」、「板が割れたらインディージョーンズ状態か?」などと考えてしまいます

やっとの思いで渡りきり

誓うのです

「二度とこない!」と

谷瀬の吊橋で、ツーリングの目的は果たした

ここからは、オマケ

Uターンして帰ってもよいが

時間は9時頃

まだまだ

海が見える新宮まで約90㌔らしい

山に来たのなら海へ

と思うのは、一般人の心

新宮を目指す

20130608_025

途中の十津川沿いに下る

いい景色です

20130608_033

クルマも少ない

昼前に新宮へ着

ここは・・・

本州最南端の潮岬よりも東だった

ということは、大阪には

潮岬をぐる~と廻って帰らねばならない

どのくらいの距離があるか

検討もつかない

20130608_038

まあ、陽も高いし大丈夫だろうと

海は気持ちがいいです

新宮から那智勝浦

海沿いの道を走ります

串本の手前には橋杭と呼ばれる

20130608_046

海岸に岩が

20130608_051

なかなか見れないですヨ

この景色は

串本に入って

くしもと大橋を渡り、紀伊大崎の岬へ

20130608_058

この道は気持ちがよかった

20130608_060

ループ橋からくしもと大橋に入って

20130608_064

岬まで行って、歩く時間ももったいないからと

Uターンして

次は、潮岬へ

灯台の前で・・・性格には入り口の前で

20130608_070

記念撮影

20130608_073

このへんは、すべてオマケです

さあ、かえりましょう

20130608_074

串本から白浜

そして、田辺へ

新宮から100㌔以上ですね

自分は紀伊大崎と潮岬もぐる~と廻っているので

その分も考えると130㌔を超えています

もう、ただ走るのみです

田辺までくれば

高速にのり

大阪まで・・・約130㌔

本日の走行距離450㌔(うち高速道路約130㌔)

紀伊半島の奈良県の真ん中をぶっちぎり

そのまま新宮から西側を

紀伊半島の半分を走り倒したツーリングでした

20130608_023_2

« 6/7京都大原へ 新緑の実光院から寂光院 | トップページ | 6/7の晩ごはん+朝ごはん ほぼ通常営業 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

新緑の京都から紀伊半島!
やっぱりツーリングは2ストバイクに限りますねぇ~
真夏を前にヒトトキの憩いですね!

>アキボーさん
やっぱり2stでツーリングには
荷物入らないからマップも持たない
だから、やらかしちゃうんですね
戻ってきてからマップルをみたら
すご~い大回りなコースでした
でも、梅雨に入ってから
よい天気の日が続きますが、やっぱり梅雨ですからね
いいときをチャンスで出動しないと
まだ、そんな日が来るかなあ~と
そんなチャンスを狙っています
やっぱ、ツーリングがいいですねえ~

ちょっと、山ピーさん。 自分より無謀な事を!(笑)
こちらは出発したのが昼過ぎだったので、時間は違うけど、あの吊り橋効果で、
判断力が・・・・・。

田辺から高速を使われたということなので、一緒に和歌山を攻めるときは、田辺まで下道で
行きましょう! 帰りは高速で!

7月の試験が落ちて終わると思いますので、8月以降にでも是非!

>WINDさん
いやあ~
知らないっていうのは、恐いですね
谷瀬で「新宮は潮岬の西?」って聞いたら「東!」といわれ
う~ん、どうしようかと思いましたが
まあ、陽も高いので、いいかなあ~と
しかし、結構な距離でした
この次は、海沿い攻めるか
山から田辺あたりを攻めるか
などなど、楽しみにつきません
ぜひ、WINDさんに道案内(図々しいですが)
よろしくです

この記事へのコメントは終了しました。

« 6/7京都大原へ 新緑の実光院から寂光院 | トップページ | 6/7の晩ごはん+朝ごはん ほぼ通常営業 »